カウンセリングルーム心の友

カウンセリングについて   

03-3380-7918
ホーム リンク 個人情報
カウンセリングルーム心の友
カウンセリングについて カウンセリング方法 プロフィール よくある質問 料金 アクセス 問い合わせ
カウンセリングについて
<カウンセリングについて>
はじめてカウンセリングを受ける人は、
悩みの相談をしたら、何かしらのアドバイスをしてくれると思っている人が多いようですが、
一般的には、アドバイスを行っているところは、あまり多くありません。
なぜなら主な心理学の考え方として
「人は人にアドバイスや指摘などされても、変われない。」  
「人が変わるには、自分自身で気づかなければならない。」
「気づいたら、変わるために、自分自身で行動しなければならない。」
「大切なのは、本人自身の気持ちである。」
という考え方が全般的だからです。しかし、最近のカウンセリングでは、認知行動療法やコーチングを取り入れたアドバイスをする
カウンセリングも増えてきています。

当ルームでは悩みの内容によって異なりますが、クライアントにとって必要だと思えばアドバイスも行っています。
しかし、基本的には問題を解決するのは、あくまでもクライアント本人なので、アドバイスをする前に悩みの原因に気づくことが、
本人の為になるので、気づいてもらえるように、ベストな援助ができるカウンセリングを努めております。

<心理学の歴史>
心理学が学問として成立したのは、1897年ドイツのライプチッヒ大学哲学教授ヴントの学説からと言われています。その後、たくさんの心理療法生まれていきました。その中で、最も有名とされてる療法は、オーストリアのフロイトが考え出した精神分析を始めとし
ゲシュタルト療法のドイツのパールズ、来談者中心療法のアメリカのロジャーズ、認知行動療法のアメリカのベックら有名で
現在でも多くのカウンセリングの場で使われています。日本でも森田療法といわれる療法を考え出した森田正馬という人が有名です。
まだこれ以外にも、イメージ療法、グループ療法、箱庭療法、遊戯療法、家族療法、催眠療法、音楽療法、現実療法、アニマル療法、園芸療法、アートセラピー療法、アロマ療法、前世療法、NLP、スピリチュアルなどがあり、いま現在、カウンセリングで行われている
心理療法は200を越える理論や方法があるといわれています。

このようにそれらをすべてマスターするのは不可能ですが、個々のカウンセラーが現代社会を背景に、理想と現実の狭間で悩み苦しんでいる人々に共感することができ、 一人一人が抱える問題が
いったい何なのかを探し出し、その人に最も適している療法が何なのかを考え、それを積極的に実践することができるカウンセラーが求められる時代だと思います。そこで専門性あるカウンセリングが、 現在多数存在するようになり、まだまだアメリカなどの先進国には及びませんが、ようやく日本でも
カウンセリングに対しての抵抗も少なくなり、気軽に受けられるようになりました。
そして現在、カウンセリングの種類は、スピリチュアルカウンセリングをはじめとして、
メンタルヘルスカウンセリング・産業カウンセリング・心理カウンセリング・キャリアカウンセリング・
環境カウンセリング・スクールカウンセリングなどがあります。

現在カウンセリングを行っている多くは、大学で心理学など専攻され「臨床心理士」 の資格を有している人から、学会・協会等が認証する何らかの、カウンセラーの資格を有している人が行っているのが一般的です。その中でどこを受けたらよいのかは非常に難しいところです。なぜならいくら経験・知識・能力があったとしてもクライアントがカウンセラーに対し相性が合わない場合、安心して自分の
大切な悩みを打ち明けることができなくなるので、結果的に何の解決にも、つながらないことが多いからです。つまりカウンセリングで
最も大切なことは、カウンセラーに対し安心して素直に、自分の悩みを話すことができる、相手であるかということが最も重要となります。なぜなら心を開いて話せる相手であれば、その場でお互いをわかりあえることができ、それにより問題解決へ向け一緒になって
取り組む姿勢もでき、その後のカウンセリングもスムーズに行うこが出来るからです。

そう考えれば自分に合うカウンセラーを探し出すのは、大変な作業になります。お勧めするならまず手始めに、インターネット上にあるカウンセリングを行っている所の内容をたくさんよく読み、その中からカウンセリングに対しての姿勢・人柄を見極め、直接電話で声を聞いて確認してから、カウンセリングに行かれると良いと思います。できれば何ヶ所か、回って見ることをお勧めします。